はじめてのゲーミングチェア「AKRacing ゲーミングチェア Pro-X V2」レビュー

この記事では「AKRacing ゲーミングチェア Pro-X V2」のレビューをしていきます。

初めてのゲーミングチェアです。

テレワークが増えたことよって10年ほど使っていた椅子の利用が増えたのですが、傾いていたり背もたれを使った際にギシギシうるさいので、思い切ってゲーミングチェアに手を出してみました。

めたぼん
めたぼん
特別定額給付金の10万円で購入しました。

私は体験などは特にせずにAmazonで購入しました。
普段からAmazonを利用していますし、Amazonの方がいくらか安かったので(´・ω・`)

30代前半、男性、体格はぽっちゃり(3桁ある)、座高高い(93cmくらい)、肩幅広い、な私の視点のレビューです。

他にもいろいろなメーカーやモデルがある中、どうしてこのモデルを選んだかというと、ゲーミングチェア大手のメーカーだったことと、座高が高いので、ある程度大柄な人向けなモデルを探していたためです。

個人的に感じたいいところ、悪いところは以下の通りです。

良いところ  
  • 首、肩、腰への負担は明らかに減る
  • PUレザーの高級感がいい感じ
  • 肘置き(アームレスト)の高さが変更できるのもよい
悪いところ  
  • 重量は重め、組み立ても面倒
  • PUレザーは劣化する

ひとつずつ詳細に説明していきます。

良いところ

首、肩、腰への負担は明らかに少ない

これはサイズ感さえ合えばゲーミングチェア全般に言えるかもしれませんが、一般的なオフィスのデスクで使っているオフィスチェアと比べると、明らかに首、肩、腰への負担が低減できています。

「AKRacing ゲーミングチェア Pro-X V2」はAKRacingの他モデルよりも座面が厚く作られているためか、座った時に固い部分に当たるような感覚はありません。

めたぼん
めたぼん
自分のデスクにゲーミングチェア置いてくれないかな

と思うくらい。

まだ購入して数日ですが、椅子でこんなに違うのか、と感じます。

ツイッターでつぶやきを探してみましたが、座り心地に満足している方は多いようです。

R-1ぐらんぷり2020覇者の野田クリスタルさんも愛用しているみたいですね。

PUレザーの高級感がいい感じ

正直購入するまで皮素材については全く気にしていませんでしたが、PUレザー、かなりいいです。

合成皮革なのですが、ソファーに座っているような感覚になるので、ファブリック・マイクロファイバーよりはこちらが良いように思います。

めたぼん
めたぼん
水をこぼしてもすぐ拭けばほぼ大丈夫です

肘置き(アームレスト)の高さが変更できるのもよい

「AKRacing ゲーミングチェア Pro-X V2」は肘置き(アームレスト)の高さ設定だけでなく、前後、左右、回転ができるようになっています。

ちょっと休みたい時などに自由に変更できるのは便利なのでありがたいですね。

肘置きの高さについては、デスクワーク時の腕置きとして使おうと考えると高さが足りないように思いますが、ゲーミングチェア全般がそういった仕様になっているようなので、そこは仕方ないかと思います。

悪いところ

重量は重め、組み立ても面倒

ゲーミングチェア全般に言えるかもしれませんが、重量が結構あります。

椅子本体の重量は25キロ、配送時の段ボールの重量は30キロ近いです。

基本的に配送では玄関先までしか持ってきてくれませんので、部屋に運び込むのにひと苦労です。

組み立ては1人で1時間ほどかかりました。1人でもできないことはないですが、2人いた方が固定する係とネジを締める係を分担できるので、楽になると思います。

椅子と一緒に配送されてきたパンフレット。
これだけパーツに分かれて送られてきます。

PUレザーは劣化する

良いところで「高級感あってステキ!」と書いたPUレザーですが、合皮ですので劣化がある点は注意が必要です。

ヘビーユーズしていると3~5年ほどで劣化が出てくるそうです。

カバーを被せるなどして長く使いたいものです。

ツイッターで使いこんで劣化したゲーミングチェアの画像を探してきました。
こんな感じになります。

まとめ

以上、「AKRacing ゲーミングチェア Pro-X V2」のレビューをお届けしました。

正直、5万円を超えるので簡単に手を出せる金額ではないです。給付金がなかったら買っていませんでしたw

私も初めてのゲーミングチェア購入ですし、もっと値段が安めのエントリーモデルにしようか悩みましたが、実際座ってとても気に入りましたし、このモデルを選んでよかったと思っています。

あなたもゲーミングチェアデビューにいかがでしょうか?

雑記

Posted by めたぼん