mixhostで「ads.txt」をアップロードする方法

こんにちは、めたぼん(@gbBUCHI516)です。

この記事ではmixhost利用者向けに、「ads.txt」ファイルをアップロードする方法を紹介します。

おそらくこのページを開いた方は、Google AdSenseログイン後のページにエラーメッセージが表示された方かと思います。

サクッとできます。手順を見ながらやっても5分くらいかな?

ちなみに、なんでアイキャッチ画像が怒っているのかというと、
わたしの環境では、検索して表示されたサイトの手順でアップロードできなかったからです。

めたぼん
めたぼん
寝ようと思っていましたが、むっとした勢いでこの記事を書き始めましたw

ですので、わたしの環境でも、そうでなくても対応したバージョンの手順を書き起こしました!

では、さくさくやろう!

mixhostで「ads.txt」をアップロードする方法

①Google AdSenseサイトで「ads.txt」をダウンロードする

Google AdSenseへアクセスし、「ads.txt」をダウンロードしてきます。
ダウンロードリンクはわかりやすいところにあるので、特に迷うことはないはずです。

中身はテキストファイルになっています。

間違えて上書きしない場合に注意しましょう。

②サーバーにアップロード

ダウンロードした「ads.txt」をサーバにアップロードします。

mixhostユーザの場合は「cpanel」を使います。

「cpanel」はmixhostの契約をした際に送られてくるメールにURLとユーザー名、パスワードが記載されています。

普段あまり使わないと思うので、記憶にない方は当時のメールを探しましょう(;’∀’)

「cpanel」にログイン後、ファイルマネージャーを開きます。

ファイルマネージャーを開いたら、画面左側の「public_html」フォルダをクリックします。
この時、「public_html」の下にいくつかフォルダが表示されるのですが、その中にブログのドメイン名(例:このサイトは【metabon59.xyz】)と同じフォルダがあればクリックします。
(画像は【metabon59.xyz】がない場合です)

「public_html」フォルダ、またはドメイン名のフォルダをクリックして、「アップロード」をクリック

先ほどダウンロードした「ads.txt」選択してアップロードします。

アップロードが終わると、ファイルマネージャー上にファイルが表示されるので確認しましょう。

③正しい場所にアップロードできたか確認

正しい場所にアップロードできたか確認します。

ブラウザのURL欄に「https://【ブログのドメイン名】/ads.txt」と入力して、エンター等でページを表示します。

アップロードした「ads.txt」の内容がそのまま表示されれば成功です。
(ブログ等の装飾は一切なく、ただのテキストが表示されます。)

おまけ:「ads.txt」って何?

ads.txtとは数年前から広告業界で話題となっているものです。

近頃、悪意あるメディア(ブログ等)が広告枠を偽装して不正なインプレッション、クリックを発生させるものが増加していることから、広告主を守るために導入された仕組みになります。

広告サービスによっては、「ads.txt」の設置を行わない場合は広告単価の減額もあるようです。

とはいえ、PVが多いサイトでないとあまり意味のない話なんですけどね笑

Google AdSenseでは今のところ特にペナルティーはないようですが、

収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

等と表示されますし、とりあえずやっておいて損はありませんね。

まとめ

以上、mixhostで「ads.txt」をアップロードする方法をお届けしました。

めたぼん
めたぼん
自分と同じように、困る方の助けになればうれしいでござる

以上!

雑記

Posted by めたぼん